ドイツ ブレーメン ヨーロッパ

日帰り旅行にぴったり!在住者が選ぶ北ドイツ・ブレーメン観光地7選

 

北ドイツ・ブレーメン在住3年目の私がおすすめする観光スポット7選をご紹介します。

ハノーファーやハンブルクからも電車でアクセスしやすいメルヘンでかわいい小さな都市、ブレーメンに立ち寄ってみてはいかがでしょうか

ドイツの州の中でも一番小さい州であるブレーメンは日帰り旅行にもぴったりの観光都市です。

こんな方におすすめ

  • ブレーメンのおすすめ観光スポットを知りたい
  • 北ドイツ(ハンブルク・ハノーファー等)に近々旅行予定だ
  • あまり日本人がいかない穴場都市へ行ってみたい

 

日帰りで&徒歩で周れるブレーメンのおすすめ観光スポット7選

基本的にブレーメンの見どころは、旧市街のマルクト広場周辺に集中してあります。

これからご紹介するスポットは公共交通機関を使わずにすべて徒歩でまわることができます!

 

世界遺産の市庁舎

世界遺産に登録されているブレーメンの市庁舎

まずはブレーメンの中心、マルクト広場からスタート

この広場で一際目立つ建造物が市庁舎(Bremer Rathaus)です。

この市庁舎は世界遺産にも登録されていて、1405年から1409年にかけて建てられたとても歴史のある市庁舎です。

おおー!なかなか珍しい様式だね!
これはゴシック様式とこの地方独特のヴェーザールネッサンス様式が調和された、ドイツでも珍しい重要な建築物のひとつと言われてるんだよ!

昼間も美しいですが、夜のライトアップもなかなか豪華です♪

毎年9月にあるFreimarkt Bremenというブレーメンのお祭りやクリスマスの時期に開催されるクリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)が開かれたくさんの出店と人で毎年賑わいます。

ブレーメン クリスマスマーケット

クリスマスマーケットの様子

 

ローランド像

ブレーメンにあるローランド像

市庁舎の前にある大きい男の人の像、その名も「ローランド像(Bremer Roland)」

全長5.5メートルあり、当初は木造でしたが、市庁舎と同年1404年に再建されました。

中世に建てられた像の中では、ドイツ最大の自立式彫像とのこと。

是非ローランドさんを見つけたら、彼がどの方向を向いているかも気にして見てください。

ローランドさんは目の前にある、大聖堂の方向を見て立っているんです。

彼は大聖堂を見つめながらブレーメンを、そして市民を守っているのです。

『この像が見守り続けるかぎり、ブレーメンの自由と独立は守られる』

そうブレーメンでは言い伝えられてきました。

コロナ禍で大変な中ですが、これからもブレーメンをぜひ守り続けてほしいです

 

聖ペトリ大聖堂

ブレーメン聖ペトリ大聖堂

あの「ローランド像」が見つめている教会、それがこちらの聖ペトリ大聖堂」(St. Petri Dom Bremen)です

2つ塔があって迫力があります。

この大聖堂、最初に建てられたのは10世紀だとか。第二次世界大戦で建物の3割ほど崩壊してしまったようですが、度重なる改修により今日の姿となりました。

教会内には無料で入ることができます。

ブレーメンにある聖ペトリ大聖堂の内観

聖ペトリ大聖堂の中の様子

 

教会内も広々としていて、とても素敵です。

ブレーメン聖ペトリ大聖堂の赤い天井

赤い天井に目がいきます。この日はたまたま歌の練習が行われていて、とても心清まる歌声に癒されながら教会を後にしました。

中の様子を見たい方はこちらより聖ペトリ大聖堂のパノラマツアーが閲覧できます(無料)

 

ブレーメンの音楽隊像

ブレーメンの音楽隊像

日本人であればブレーメンといったらやはりブレーメンの音楽隊」(Die Bremer Stadtmusikanten)が頭に思い浮かぶと思います

ブレーメン目指していた動物たちですが、ここブレーメンにはその音楽隊の像があります。

ロバの足と鼻がが金色だ!

実はこれには言い伝えがあってロバの足を触りながらお願いごとをすると叶うそうです

なのでいつもこの像のまわりにはたくさんの観光客が集まり、みんなロバの足をさすって願掛けしています

だからあんなに金色に輝いているんだね~!

 

ちなみに在住者の筆者がおすすめする時間帯は夜です。

ブレーメンの音楽隊像のライトアップ

暗くなってから行くと、絶妙な角度でライトがあたり、音楽隊の像の影が横に現れるんです!

まるであの物語を実際に見ているような気分になります。

スポットライトが当たって昼間とはまた雰囲気がガラリと変わります。

夜行く機会があればぜひ見にいってみてください

 

シュノア地区

ブレーメン・シュノア地区

市庁舎、ローランド像、ブレーメンの音楽隊像があるマルクト広場からすこし離れたところにあるエリア、シュノア地区」(Schnoor)にはカラフルで小さくてかわいい建物がずらりと並んでいます

この地区は大戦での災害を幸い免れたようで、ブレーメンの最古の住宅街とされています。

シュノア地区には人一人がやっと通れるくらいのせまい路地がいくつかあります。

この通りを歩くと毎回探検している気分になります♪

もともと職人街だったこともあって、手工芸品を扱うお店がたくさんあり、陶器類やアクセサリー、ギャラリーなどもあります。

 

少し疲れた際には、小さくてかわいいカフェやレストランがいくつかありますのでそこで一息するのもいいと思います☆

観光客が多く集うシュノア地区にはお土産屋さんもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください

おすすめカフェ・レストラン

ケーキがおいしい:Cafe Tölke

シュノア地区限定のビールが飲める:Gaststätte Kleiner Olymp

ブレーメンのご当地グルメ「Bremer Knipp」が食べられる:Gasthof zum Kaiser Friedrich

 

べトヒャー通り

ブレーメンにあるべトヒャー通り

場所は少し変わって、マルクト広場の方へ戻ります。

市庁舎の目の前にある細道を抜けていくと、また雰囲気の違った通りに出てきます。

こちらがブレーメンで一番人気の通り「べトヒャー通り」(Böttcherstraße)です

わたしはここを「ハリーポッターストリート」と呼んでいます。笑

ほんの100メートル前後の通りですが、入った瞬間中世にタイムスリップしたかのような気分になります。

私レンガ造りのお家とか建物がすごいタイプで、もう見た瞬間「胸がキュンキュン」でした笑

この通りは中世の街並みを再現しようと20世紀に商人によって再建され、おしゃれなレストランやお店、美術館などが並んで建っています。

この通りで絶対に見てほしいものが、仕掛け時計のグロッケンシュピールです

べトヒャー通りにある仕掛け時計

真ん中の塔が動くようになっている仕掛け時計

 

この時計は12時から18時の毎時に屋根と屋根の間にある30個の鐘が鳴ります。

その音に合わせて時計横の塔の一部がくるくると回り、大航海時代の板絵が見られる仕掛けになっています。

せっかくですから、是非タイミングをあわせてべトヒャー通りに訪れてみてください。

ちなみにこの建物の1階にはツーリストインフォメーションがあります。

そこでおすすめの観光スポットが載っているブレーメンの地図を無料でもらうことができます。

また、店内ではオリジナルブレーメングッズも販売しているので、お土産の買いものも同時に済ませることができます。

 

ヴェーザー川沿いの遊歩道:シュラハテ

ブレーメンのヴェーザー川沿いにあるシュラハテ

最後に、私がおすすめするスポットはヴェーザー川にある遊歩道「シュラハテ」(Schlachte)です。

この川沿いには多数のレストランが軒を並べ、夏場にはビアガーデンのテントがたち並びます。

泊められている船の中には、船に泊まれるホテルがあったり、下の写真のように、船のレストランもあります。

 

ブレーメン・シュラハテにあるパンケーキシップ

ちなみにここは、パンケーキ屋さんです!

何十種類ものパンケーキがあり、お値段もリーズナブルでおいしく頂けるのでおすすめです。

 

橋をこえたところには、ヴェーザー川の観光船も出ていますよ。

そのまま上流を30分ほど歩くと、ヴェーダ―ブレーメンのスタジアムにも行けますので、

天気がいい日にはそちらのほうまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか♪

 

街中を歩きながら隠れ音楽隊を見つけよう!

ブレーメンといえば、グリム童話で有名な「ブレーメンの音楽隊」!

ブレーメン市内にはその「音楽隊」をあらゆるところで見つけることができます

 

ブレーメン市内のバスの座席には隠れブレーメンの音楽隊がいます

電車の座席で見つけた音楽隊

 

これはブレーメン内を走る、路面電車の座席で発見しました。

 

ブレーメン市内のあらゆるところにいるブレーメンの音楽隊

音楽隊はマルクト広場のこんなところにも!

 

 

ブレーメンマルクト広場にあるカラフルな音楽隊像

そしてカラフルな音楽隊の像も広場の近くにもあります

 

シュノア地区にいたブレーメン音楽隊像

先ほどご紹介したシュノア地区にも!

 

このほかにもたくさんいろんなところで音楽隊を見つけることができますよ♪

あのネズミランドでミッキーを探している気分で街中を楽しく探検できます!

ぜひ、ブレーメンに足を運ばれた際には、ブレーメンの音楽隊も見つけてみてくださいね~!

 

まとめ

  • 市庁舎
  • ローランド像
  • 聖ペトリ大聖堂
  • シュノア地区
  • べトヒャー通り
  • シュラハテ
  • 隠れ音楽隊について

コンパクトに観光スポットが集まっている北ドイツ・ブレーメン。

すべて徒歩で周ることができるので、日帰り旅行にもおすすめです。

 

 

あの音楽隊をも夢見たブレーメンにぜひ足を運んでみてください♪

Miakat 

2週間隔離の過ごし方

一時帰国 日本

2021/1/23

2週間自主隔離期間を充実させる過ごし方11選 | 日本一時帰国

2020年12月に祖父の法事に参列するため日本へ一時帰国していました。 2021年1月現在、日本に入国するすべての方に2週間自主隔離が要請されています。 2週間隔離についての決まりや罰則などの詳細は以下の記事をご参考ください。   当記事では「2週間自主隔離の間、家で何をしよう?」とお困りの方に、私が実際に隔離期間中にしたことをまとめてみました。 こんな方におすすめ 2週間の隔離期間、何をして過ごそうかお悩みの方 屋内にいて、日本に居る時にしかできないことは何か知りたい方 Contentsおすす ...

ReadMore

<一時帰国> 日本入国後の 2週間自主隔離 まとめ

一時帰国

2021/1/21

コロナ一時帰国レポート | 日本入国後の2週間隔離・待機まとめ

2020年12月、祖父の法事があるため夫と共に日本に一時帰国していました。 日本では現在、入国した方全員(国籍問わず)検疫所長が指定する場所(ホテルや自宅など)で14日間待機をしなければなりません。 そこで今回は実体験を元に2週間の滞在場所について、保健所による健康フォローアップについて、2週間の隔離期間の生活についてまとめてみようと思います。 こんな方におすすめ これから日本へ帰国・入国予定の方 2週間の隔離期間中の保健所による健康フォローアップについて知りたい方 2週間の隔離期間中の買い物や散歩、守ら ...

ReadMore

<コロナ禍> 短期滞在ビザで 外国人夫と日本に入国 入国審査編

フライト情報 一時帰国 国際結婚生活

2020/12/23

コロナ禍 | 短期滞在ビザで外国人夫と日本一時帰国旅 入国審査編

2020年12月現在入国拒否対象国から日本に入国した方は空港でコロナウイルス検査を受けなければなりません。 >>入国拒否対象国や空港でのPCR検査についての詳細はこちらの記事から   抗原検査を受け、検査結果が出たあとには入国審査があります。 今回の日本一時帰国旅は、夫(イギリス国籍)と一緒に渡航したため、コロナ禍での入国審査の様子をここに記しておきたいと思います。 >>外国人配偶者がいる場合の短期滞在ビザ(親族訪問)の取得方法はこちらから >>コロナ禍で日本へ渡航した際の機内サービスの違いや機 ...

ReadMore

<コロナ禍> 日本入国の際の 空港検疫の流れ  成田空港編

フライト情報 一時帰国

2020/12/22

空港検疫 |コロナ禍での日本入国の際に受ける抗原検査の流れ

2020年12月13日ドイツから日本に一時帰国した際にした抗原検査の流れをまとめました。 現在成田空港では自分で唾液を容器に入れる抗原検査が実施されています。   この記事はこんな方におすすめです。 こんな方におすすめ 近々、入国拒否対象国から日本へ渡航予定だ 抗原検査を受けるまでに必要な手続きを知りたい 唾液による採取の仕方が知りたい 検査結果が出るまでどのくらいかかるのか知りたい   Contents成田空港到着検疫対象の方検疫前の受付唾液による抗原検査検査ブースの様子唾液検体の採 ...

ReadMore

<コロナ禍> 外国人夫と 日本一時帰国 旅

フライト情報 一時帰国

2020/12/20

コロナ禍 | 外国人夫と日本一時帰国の旅

2020年12月13日、コロナ禍の中、無事ドイツから日本へ夫と一緒に帰国することができました。 今回はKLM航空を利用し、乗り継ぎ1回合計18時間かけての日本渡航となりました。 ブレーメン→アムステルダム 55分 アムステルダム・スキポール空港での乗り継ぎ時間 6時間35分 アムステルダム→成田空港 11時間10分 往路時間 合計 18時間40分   本記事では、コロナ禍でのチェックインの様子や機内サービスの様子や機内で配布され、記入しなければならない書類などを写真付きで紹介しています。 この記 ...

ReadMore

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Miakat

Miakat

イギリス人と国際結婚のち、北ドイツへ移住してもうすぐ3年目。ドイツ語:ゲーテB2試験合格、現在C1を少しずつ勉強中だが、ペラペラになるまでには程遠いレベル。 ドイツでの生活や旅行について書いていきます。

-ドイツ, ブレーメン, ヨーロッパ

© 2021 ドイツに行ったのはどいつだ? Powered by AFFINGER5