ドイツに行ったのはどいつだ?

イギリス人と国際結婚。そしてドイツ、ブレーメンへ移住。ドイツでの生活について書いていきます。

【エール・フランス航空】無料アップグレードで夢だったプレミアムエコノミークラスに初搭乗!

 

みなさま新年あけましておめでとうございます。

 

三週間日本に帰省していた為、今日が新年初記事です。

 

東京行きのフライトでとても嬉しいことがありました。

直前でエコノミークラスからプレミアムエコノミーにアップグレードされていたんです!!

 

旅行好きな私たちは飛行機にお世話になることもしばしばあるのですが、

旅費を少しでも抑えたい(というかそもそもそんなお金がない)ので、

いつもクラスはエコノミーです。

 

日本には年に1・2回のペースで一時帰国していて、

航空会社は毎度、KLM・エールフランス(Air France)を利用しています。

 

今日はせっかくなのでエールフランス航空のプレミアムエコノミーに初搭乗した様子をまとめてご紹介したいと思います。

 

 

なぜ無料アップグレードされたのか

 

私たちがプレミアムエコノミーにアップグレードされたことに気づいたのは、

ブレーメン→パリ行のフライトに乗った後でした。

 

もともとパリでのトランジット時間が1時間15分しかなく、

最初のフライトが20分遅延していたこともあり、

パリ着陸直後KLMのアプリでフライト状況を確認していました。

するとなんと座席が変更されていたんです。

 

私:「14Kと14L?あれ。座席が変わってる!プレミアムエコノミーになってる!?なんでだろう?めっちゃラッキーじゃん。やったー!

 

夫:「まぁ乗り換えが間に合えばだけど…」

 

 

プレミアムエコノミーに変更されたのを知った私たち夫婦は絶対に乗り継ぎを間に合わせると誓い、中学校の運動会ぶりなんじゃないかくらいの全力でCDG空港内をガンダッシュ!

 

ゲートクローズ10分前に無事搭乗することができました。。

これ、もしエコノミーの座席のままだったら絶対間に合わなかったと思う。諦めてたと思う(笑)

 

 

 

でも、そもそもなぜアップグレードが発生したんでしょうか。

 

正直言ってはっきりした理由はわかりません

 

おそらくですが、

 

①プレミアムエコノミーに丁度2席空きが出た。

 

②私・夫ともに航空会社の会員であること。

夫・・・プラチナ会員

私・・・シルバー会員

特に夫がプラチナ会員なので今回優先された可能性が高いです。

 

③追加料金を払い、座席を予約していた。

エコノミーは基本的に3シート・4シート・3シートですが、

個人的には2人用シートが良かったので今回は追加料金を事前に支払い、座席を指定していました。

 

④運が良かった。

 

これが重なって今回奇跡的にアップグレードが発生したのだと思われます。

 

いやーまさか考えてもいなかったのでこれは超ラッキーでした♪

 

機内の様子

 

今回利用した航空機はBoeing 777-300。

 

座席はフロントシートの右側二席!最高か!

「ひ・・・ひろい!!!」

 

身長約150cmで小柄なのもあるけど、足をおもいきり伸ばしても壁につきません!

また、前ポケットには最初からペットボトルの水が入っていました。ありがたや~

 

一番前なので窓も2つ!景色が2倍楽しめます☆

 

設備

座席

座席も横幅がエコノミーに比べて広く、クッションも少し厚めなのかとても快適でした。

またヘッドの部分が上下に動きますので、身長によって高さを合わせることができます。

左右の角度も変えられますので、もたれかかるように寝られます。

 

リクライニング・フットレスト

シート横には2つのボタンがあります。

上はリクライニング。

下はフットレストです。

プレミアムエコノミーでいいのは、リクライニングがスライド式になっているので

後ろの乗客を気にしなくて済みます。

またリクライニングの傾度もエコノミーよりあるのでゆっくり体を休めることができます。

 

リモコン

フロントシートでしたので、リモコンはシート横にありました。

 

USBポート・コンセント

USBポートがありました!これは便利です。

もちろんコンセントもありました。

 

ヘッドフォン

エコノミークラスではヘッドフォンが搭乗後に配られますが、

プレミアムエコノミーはすでにヘッドフォンが用意されていました。

 

エコノミークラスのものよりも音質が良く、耳や頭が痛くなることもありませんでした。

 

まくら

まくらも少し大きくなり、ふっくらしていたので快適でした。

 

ブランケット

こちらがブランケット。エコノミーのはペラペラですが、プレミアムエコノミーは分厚くてとっても暖かく羽織るものも入らず毛布一枚で過ごせました☆

 

読書灯

座席の間にあるのが、読書灯です。

こちらは角度も変えることができます。

電球部分を手動で回すと点灯・消灯が行えます。

 

テレビ

お次はテレビ。サイズは同じです。

テレビは座席の間に収納されてあります。

 

蓋を開けると取っ手が出てきますのでこれを引っ張るとテレビが出せます。

 

テーブル

反対側にはテーブルが収納されていました。

こちらもカバーを開けて、テーブルを引っこ抜けば出てきます。

 

 

【離陸・着陸時】フロントシートで気を付けなければいけないこと

 

手荷物は全て上へ

フロントシートは前に座席がないため安全上、離陸・着陸時は床にバッグなどの物を置いてはなりません。離陸し、シートベルトサインが消えた後、バッグや小物を取り出しましょう。
 

ポケットを活用しよう

前の壁に付属しているポケットに携帯や本などを入れておくと
離陸してシートベルトサインが消えるまでの間、手持ち無沙汰にならずに済みます。
 

テレビ使用不可

シートベルトサインが消えるまで、テレビは使用できません。
 

充電中のスマホも離陸着陸時は手に持つようにしよう。

離陸時に充電していたのですが、CAさんに外すよう注意されましたので
充電も離陸・着陸時にはしないようにしてください。
 

 

離陸後

挨拶

アテンドスタッフがタブレットを持って一人ひとりに挨拶、名前の確認、各機能の説明をしてくれます。

もし次のフライトの状況など何か聞きたいことがあればこの際にするとよいでしょう。

 

ポーチの配布

三角形のおしゃれなポーチが配布されました。

エコノミークラスではこちらは生憎もらえません。

 

 
歯磨き粉+歯ブラシ

歯ブラシは日本人にとってはブラシ部分が大きく感じると思います。

歯磨き粉は一度使ったらキャップが戻せないタイプだったので1回しか使用できず残念。

 

 

アイマスク

中がタオル生地になっていて目元が締め付けられることもなく安眠できました。

 

靴下

男女兼用なのですこし緩めでしたが、薄すぎず足元も冷えませんでした。

ただ使い捨てタイプなので持ち帰るほどの品質ではありません。

 

 

ヘッドフォンカバー

衛生上のため、カバーが入っていました。

こちらのネットを付属のヘッドフォンの耳部分にかぶせればOK。

 着け心地も良かったです。

耳栓

わたしは耳が痛くなるので耳栓は着用することがありませんが、なにかしらあると便利ですよね。

 

機内食

 

メニュー

 

おしぼりとメニューをもらいました。

てっきりプレミアムエコノミーもエコノミーと同じ機内食だと思っていたのですが、メニューが違いました!

 

そのメニューがコチラ↓

 

 

 

 

機内食(1回目)

私はお米が食べたかったので牛肉を選びました。

料理の味はエコノミーとそんなに変わりませんでしたが、普通においしかったです。

エールフランスではシャンパンがいただけるので、一杯目はシャンパンを注文。

味噌汁も具は入っていませんが頂けます。

 

エコノミーと少し違うのは、ナプキンが布製なのと、ガラス製のコップが使用できる点でしょうか。。(笑)

 

 

食後の飲み物と一緒にチョコレートもいただきました。

 

機内食(2回目)

こちらは朝食です。

スクランブルエッグはおいしかったですが、ヨーグルトが2つ付いてきたのには疑問でした(笑)

こんなにいっぱい乳製品とったらお通じがよくなりすぎちゃいますからね・・・

 

着陸前

着陸直前にはフランス国旗デザインの飴が配られました。

 

 

 プレミアムエコノミーに乗ってみて

 

 

一言でいえば、

プレミアムエコノミーの方が断然快適!!!!
です。
 
通常だとプレミアムエコノミーはエコノミークラスの+10万はするとのこと。
10万を追加で払う価値があるのかどうかというと、
 
私の場合は「ない」です。
 
確かに、プレミアムエコノミーは座席数も少なくなるし、多少広くもなります。
前後はカーテンで閉め切られるので、エコノミーに比べて静かです。
ただ、10万という壁は私たちにとってとても大きい。。。
そのお金あったらエコノミーで違う国にでも行きます(笑)
 
 

残念だった点

 
今回プレミアムエコノミーシートで少しウーンと思った点を何点か挙げます。
 
・カップホルダーがあればなおさらgood
フロントシートだったこともあり、カップホルダーがなかったので、少し不便でした。
まぁこれは仕方がないですね。
 
・ピンポン押しても来てくれない
私は日本人なので割りとどこでも寝られるタイプなのですが、
旦那は飛行機内ではなかなか寝られないタイプ。
そこで無理やり寝に入るために、お酒を大量摂取するわけですが、
なんともプレミアムエコノミーシートは小規模にもかかわらず、
カーテンで区切られているため、ピンポンを押しても誰もきてくれないんです(笑)
 
旦那はあきらめず5回ほど鳴らしましたが、反応はゼロ。
結局自分でエコノミーの後部座席の方まで歩き、CAさんに直接注文していました。。
 
・トイレ 
今回の機内ではプレミアムエコノミーシート専用のトイレがなかったので、
エコノミークラスと同じお手洗いを利用しました。
もし通常価格で+10万をはらうなら、並ばずにいける専用のトイレがあってほしいと思いました。
面白かったのが、プレミアムエコノミーシートに居た日本人はみなエコノミークラスのトイレを使用していたのですが、欧米人はみなビジネスクラスのトイレを使っていました(笑)
これも文化の違いなのか・・・
 
 ・機内食
メニューの質はエコノミーと同じで特別感は全く無し。
朝食にヨーグルト2つはいらない。
 
 
 

良かった点

 
・静か
座席数も限られているので、とても静かでした。
 
・広い
特に身長が高い方や大きめの方、妊娠中の方などにはおすすめしたい席です。
エコノミーよりかは縦幅も横幅も広くなるので、快適さが違うはずです。
 
 
・座り心地が良い
横幅も少し広く、くつろげます。
リクライニングもスライド式なので、後ろの人に迷惑かけずに済みます。
 
・アメニティがもらえる
歯ブラシと靴下はとても役立ちました。
 
・食事&飲み物の提供が早い
エコノミーでは後ろの席に座れば座るほど、食事の提供が遅くなることが多々ですが
さすがプレミアムエコノミー。とても早かったです。
食べ終わったトレーもすぐ回収に来てくれて助かりました。
 
 ・乗り降りがスムーズ
搭乗する際は優先レーンを使うことができ、飛行機から降りる際も特に長時間待つことなくスムーズに出られます。
 

最後に

 
プレミアムエコノミーシートにすると、
エコノミーでは利用できない、「ラウンジ」と「優先レーン」が使えるようになりますのでそこは大きな差かと思います。
 
 
もうこんな機会はめったにないと思いますが、
プレミアムエコノミーシートに一度でも乗れていい経験ができました。
 
 
以上プレミアムエコノミーシート初搭乗体験記でした♪
 
それでは今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

 
Miakat