ドイツに行ったのはどいつだ?

イギリス人と国際結婚。そしてドイツ、ブレーメンへ移住。ドイツでの生活について書いていきます。

【スイス旅行1日目】世界で6番目に小さい国!リヒテンシュタインってどんな国?どうやって入国できるの?

先月、夫とスイス&リヒテンシュタインへ行ってまいりました!

 

 

今日は、世界で番目に小さい国である

Liechtensteinリヒテンシュタイン)』

いったいどんな国なのか、どうやって入国するのかをご紹介したいと思います♪

 

先月10月31日に、ずっと気になっていた、リヒテンシュタインへ行ってきました。

 

f:id:miakat:20191201043641j:plain

 

 それはそれはとても美しくて、自然の力をたくさんもらって帰ってきました。

 

小国リヒテンシュタインは、日本人にとってはあまり知名度が高くない国の一つだと思います。

そこで当国の言語や通貨などの基本情報から、

空港がないこの国にわたしがどうやって入国したのかをみなさんにお伝えしたいと思います!

 

それではいきましょう~

 

 

リヒテンシュタインの基本情報

 

 

どこにある?

 

 リヒテンシュタイン中央ヨーロッパにあり、

スイスとオーストリアに挟まれている小国です。

 

面積は?人口はどのくらい?

 

面積はたったの160です。

 

これがどのくらいかというと、東京の八王子市が186㎢なので、

八王子市よりも小さいということになります。(笑)

 

ちなみに八王子市の人口は約57万人いますが、

リヒテンシュタインの人口は約3万4000人ほど。

 

人口密度も高くなく、自然が多い国です。

 

公用語は?

公用語は標準ドイツ語です。

 

が、わたしはドイツ語使いませんでした。(笑)

お店ではすべて英語で通じました。

表記は全てドイツ語で書かれているので、

ドイツ語が分からない人は読めないこともあるかと思いますが、

店員さんは快く英語を話してくれるのでご安心ください♪

 

通貨は?

リヒテンシュタインでもスイスと同じくスイスフラン(CHF)」が使えます。

 

f:id:miakat:20191129074440j:plain

お店によっては「ユーロ(€)」も使えるところがありました。

もしユーロ圏在住で、リヒテンシュタインへ小旅行する場合は

ユーロをお財布に入れたままでもいいと思います!

 

 

リヒテンシュタインEU圏?

 

リヒテンシュタインEU加盟国では、、、、

 

ありません

 

ですが、当国は欧州経済領域EEAに加盟しているので、

EUにおける商品、人、サービス、資本の移動の自由をEEAにおいても適用できるんです。

 

なんてたって、

わたしの携帯のSIMはEU圏ならどこでも使えるのですが、

スイスに居た時は使えず…。(てっきり使えると思っていた)

リヒテンシュタインへの国境を越えた瞬間に突然…

データが使えるようになったんです!!

 

これはびっくりでしたw

 

データが使える=EU

だと思っていたのですが、

ちゃんと調べたら当国はEU加盟国ではなく、EEAの参加国でした~

なるほど~勉強になりました。。

 

 

 首都ファドゥーツ(Vaduz)までの行き方

 

今回はブレーメンからスイスのチューリッヒまで飛行機で行き、

10月30日から11月3日までチューリッヒ滞在。

 

宿はチューリッヒなので、日帰りでリヒテンシュタインへ向かいます!

 

 

チケット

まずは、チケットがなければどの電車も乗車できません。

 

私たちは事前にオンラインで「Saver Day Pass」を購入しました。

 

Saver Day Passは、

スイス全域の列車やバスなどが1日乗り放題になるチケット

 

そう、そこであれ?と思われる方もいらっしゃると思います。

 

スイス全域?ってことはリヒテンシュタインへは別途で払う必要があるっていうこと?

 

いや。違うんです。

リヒテンシュタインはスイスから出るバスに乗って入国することになるので、

リヒテンシュタインもこのパスが使えるようになっているのです!!

 

この情報、なかなかネット上で見つけるのが大変でした。。

 

こちらのチケットですが、

サイトで60日前から前日までに購入をしないと購入できないチケットになっています。

購入が早ければ早いほど、お得です。

 

私たちは30日前に予約をして、52€(一人につき)で購入できました。

 

52€で高いと思われるかもしれませんが、世界で一番物価が高い国ですからね。

仕方がないです。これでもかなりお得に買えたほうだと思います。

 

チケット全般こちらのURLに飛べば購入できます(日本語✖、英語・ドイツ語〇)

https://www.sbb.ch/en/home.html

 

Saver Day Passの買い方

 Saver Day Pass購入をご検討の方へ

 

まず、こちらからSaver Day Pass購入ページへ(日本語✖、英語・ドイツ語〇)

 

https://www.sbb.ch/en/travelcards-and-tickets/tickets-for-switzerland/1-day-travelpass/saver-day-pass.html

 

f:id:miakat:20191130051111p:plain

 

言語は 右上で変更できます。

 

まずは、赤いボタンを押して購入ページへ進みます!

 

f:id:miakat:20191130051647p:plain

 

↑購入したい日にちを選択します。

 

今回は例として、一か月後の12月30日に設定してみます↓

f:id:miakat:20191130051941p:plain

 

オレンジ枠で囲ったところが、30日です。

価格が上下で違います。

これは「Half Fare Travelcard」を持っているか否かでこの券の値段が変わるのです。

 

こちらのハーフフェアカード(半額カード)は、120スイスフランを払うと

一か月間スイスの鉄道料金が半額になるカードです。

 

早割りもあるようなので、

スイスに長期滞在するのであれば、

確かにこちらを持っていたほうがお得かもしれません。

 

ですが、今回私たちは4泊でしたので、

ハーフフェアカードは購入しませんでした。

 

ということで、通常の価格が下の段にあります。

 

ところが、よーくみてください。

 

30日の通常価格が2等車で70€。

ですが、次の日をみると、52€となっています。

 

そうなのです。

日によって価格も変動するので気をつけてください。

私たちはなんとかチケットを安く済ませたかったので、

本来はチューリッヒ→ベルン→リヒテンシュタインの順で観光する予定でしたが、

値段の安さを優先して、リヒテンシュタイン→ベルン→チューリッヒに変えました。

 

ですので、どうせスイスに行くなら、他の都市もまわってみたいという方は

ぜひまずはチケットの値段を確認してから、プランを立てることをおすすめします♪

 

 

 

日にちをクリックするとこの画面に変わります↓

f:id:miakat:20191130060809p:plain

 

まずは乗車される方の名前・姓・生年月日を記入してください。

 

今のままだと右のトータルの金額が、

ハーフフェアカードを使用した場合の金額になっているはずです。

これを、通常料金に変更するには下のように「Discount cards」をクリックして

「No discount」にチェックを入れます。

すると右の合計金額が通常価格に変更されます。

 

f:id:miakat:20191130060752p:plain

 

また同乗者がいる場合は、

その下の「Add Passengers」ボタンを押して、同じように入力すればOKです。

f:id:miakat:20191130061423p:plain

 

 

 

 

 

その下の「Travel options」では2等車か1等車が選べます。

f:id:miakat:20191130062059p:plain

私は2等車に乗りましたが、席に余裕もあり車内もきれいだったので、

2等車で申し分ないと思います。

 

有効の日と金額を再度確認したら、

赤の「To the checkout」で次へいきます。

 

 

 

 

f:id:miakat:20191130062327p:plain

ゲストで購入するか、新規登録するか選べます。

今回は「ゲスト」で購入するやり方で進めたいと思います。

 

 

 

f:id:miakat:20191130062813p:plain

 

チケットは印刷する必要があるので、

必ず普段使っているメールアドレスを入力してください。

 

 

f:id:miakat:20191130062914p:plain

 

クーポンをお持ちの方はコードを入力すれば適用されます。

 

支払で使用するクレジットカードを選択します。

 

f:id:miakat:20191130063302p:plain

最後に、SBBの規約の同意に✅を入れるのをお忘れず!

 

全て確認したら、「Purchase」へ!

 

f:id:miakat:20191130063600p:plain

 

あとはクレジットカードの情報を入力して購入完了です!

 

Eメールアドレスに送られてくるPDFを印刷して、

当日忘れずお持ちください!

検察官が来たときにそれがないと多額の罰金取られる可能性があります。

くれぐれもお気をつけください。

 

<電車> チューリッヒ→サルガンドス

チューリッヒ中央駅から、ICまたはICEの「Chur(クール)」行の列車に乗車します。

 

※SBBのアプリを事前にダウンロードしておくと便利です。

ダウンロードはこちらから↓

iPhone

SBB Mobile

SBB Mobile

  • SBB AG
  • 旅行
  • 無料

apps.apple.com

android

play.google.com

 

行きの電車はICでした。

電車の外装はこんな感じでカラフルで、2階建てです☆

 

 

 

f:id:miakat:20191201001533j:plain

 

今回は景色がよく見える2階に座りました。

車内は人も少なく、ゆったりと座ることができました。

車内はこんな感じです。

 

f:id:miakat:20191201001816j:plain

 

座った座席の後ろから、子供たちのはしゃいでいる声がしました。

後ろを振り返ってみると、、、、、

 

f:id:miakat:20191201001953j:plain

 

まさかのキッズ用スペースが!!(笑)

右にあるのは滑り台です。

これはいいですね。

スペース確保のために、座席も横並びになっていました。

スイスすごい。

 

 

車内からみた景色

 

f:id:miakat:20191201002822j:plain

 

f:id:miakat:20191201002847j:plain

 

車内にはトイレもありました。

 

f:id:miakat:20191201003224j:plain

 

車内のトイレといえば、汚いイメージがありますが、

こちらのトイレはとても綺麗でした♪

 

<バス>サルガンドス→ファドゥーツ

 

約1時間の電車旅でしたが、壮大な景色に魅了され、

あっという間にSargans(サルガンドス)に着きました。

 

駅を出てバス乗り場のサインを追って歩いていくと、

バスの電光掲示板があります。

 

f:id:miakat:20191201003625j:plain

 

バスがどこから発車するか確認しましょう。

この電光掲示板の前がバス乗り場になっています。

 

リヒテンシュタインへ行きは黄色のバスなので見分けやすいです。

終点がVaduzなので、迷うことなくスムーズに乗車できるでしょう。

 

f:id:miakat:20191201003903j:plain


今回は乗り換え時間が3分で、間に合うか不安でしたが、

サルガンス自体小さい駅なので、迷うことなくバスに乗車することができました☆

 

本数は30分に一本くらいだったと思います。

頻繁には走っていないため、事前に時間を調べていくことをおすすめします。

 

途中、川を越えるため橋を渡ります。

そこを渡り切ったら、あなたはもうリヒテンシュタインに入国しています。

そうなんです。入国審査ありません。国境もありません。

気づいたらもうリヒテンシュタインに居ましたw

 

走ること30分、首都ファドゥーツに到着です!

 

合計所要時間(片道)

 

電車:チューリッヒ→サルガンドス 55分

バス:サルガンドス→ファドゥーツ 30分

乗り換え時間: 3分

合計所要時間:1時間40分

 

 

帰路

 

帰るときは、行き来た道を戻れば帰れます。

ただ、バス・電車の時間帯の本数が少ないため、

事前に時間を調べて、乗り遅れがないよう注意しましょう!

 

 

さいごに

 

ということで今回は「リヒテンシュタイン」の基本情報とアクセス方法をご紹介しました。

 

 

みなさまいつも読んでくれてありがとうございます☆

 

それでは!

Miakat