ヨーロッパ リヒテンシュタイン

【スイス旅行1日目】リヒテンシュタインへ日帰り観光。ここは絶対外せないおすすめ観光スポット4選!おみやげは何を買う?

リヒテンシュタインのおすすめ観光スポット

日本人があまり訪れたことのないヨーロッパにある小国「Liechtenstein(リヒテンシュタイン)」へ行って参りました!

とっても小さい国なので日帰りで十分周れますよ。

そこで今日は絶対に行ってほしい観光スポットおすすめのお土産をご紹介したいと思います☆

リヒテンシュタインは世界で6番目に小さい国だということをご存知でしたか?

1日あれば、いやむしろ3・4時間あれば一通りまわることができちゃうんです♪

スイス、またはオーストリアへの旅行のついでに、リヒテンシュタインへ足を運んでみてはいかがですか?

 

おすすめ観光スポット4選

リヒテンシュタインセンター

バス乗り場の近くに、リヒテンシュタインセンターがあります。

ここはぜひ立ち寄ってください。

リヒテンシュタインセンター

なぜなら、ここでパスポートに入国スタンプを刻印してもらえるからです!

リヒテンシュタインではスイスまたはオーストリアから陸路での入国になるので、

国境審査がないのです。

でも、この国に行ったというが欲しい!という方。

ここへ行けば有料ですがスタンプを押してもらえますよ♪

デザインはシンプルですが、

なかなかレアなスタンプなので記念にぜひ押してもらってはいかがでしょうか?

スタンプ代は、3CHFだったと思います。

支払は、スイスフランユーロどちらともOKでした♪

リヒテンシュタイン入国スタンプ

こちらのリヒテンシュタインセンターではお土産も販売しています。

 

 

わたしは記念にポストカードを購入しました(1CHF)

リヒテンシュタインのポストカード

 

 

聖フロリン大聖堂(Kathedrale St. Florin)

 

リヒテンシュタインセンターを出て左手に大聖堂が見えてきます。

聖フロリン大聖堂

 

 

大聖堂の方へ歩きましょう~

リヒテンシュタインの聖フロリン大聖堂

おお~赤い時計盤がおしゃれです。

入口はこの裏にありました。

 

 

この日(木曜日)は一般開放されていたので、無料で中に入ることができました。

中の様子はこんな感じでした。

聖フロリン大聖堂の内観

聖フロリン大聖堂

ジーザスさんがお眠りに…(笑)

 

 

聖フロリン大聖堂の素敵なステンドガラス

 

すごいゴージャスというわけではないですが、

このステンドガラスがとってもきれいでしばらく見とれてしまいました。

心が洗われた後、何故か尿意におそわれたわたし…

大聖堂とはいえ、そこまで大きくないので、教会内にトイレはありませんでした。

教会を出て公衆トイレを探していると…

まさか、教会の横にありました!!すばらしい!

教会出て右手に下へ行く階段があります。

そこを下っていくと公衆トイレがあります。

写真だと木で隠れていますが、そこにトイレがあります。

 

 

聖フロリン大聖堂外にある公共トイレ

ドイツのトイレは公衆トイレでも有料のことが多いですが、

ここは無料でしたー!ありがたや~。

 

 

聖フロリン大聖堂の近くにある無料公共トイレ

お手洗いも掃除が行き届いていて、安心して使えました☆

すっきりしたところで次のスポットへ参りましょう~

 

 

 

ファドゥーツ城(Schloss Vaduz)

購入したポストカードにもあったリヒテンシュタインで最も有名なファドゥーツ城へ!

お城はどこだー?と探す必要はありません。

だって、一際目立ってるから(笑)

 

リヒテンシュタインのファドゥーツ城

なんてったって丘の上。

位置を確認して、バスを探すも、通っていない。。。

グーグルマップで出てくるのは徒歩のみ。

頑張って登ろうではないか!ってことで、

リヒテンシュタインセンターから来た道を戻っていきしばらくその道なりにあるきます。

すると、ありました!

 

「Schloss(城)」のサイン。こちらを右に曲がりましょう~

ファドゥーツ城への方向を示した標識

 

 

右に曲がればさっそく坂ですw

ファドゥーツ城までの坂道
しばらくはコンクリートですが、

途中から山道に変わります。

この日は前日に雨が降っていたので、少しぬかるんでいました。

徒歩で行く方は汚したくない靴やヒールは履いていかないほうがいいでしょう。

丘を登ること約15分。

ちょっとした展望台がありました☆

 

ファドゥーツ城の近くにある展望台からみた景色
ここからはリヒテンシュタインを一望できます!

中央には広大なぶどう畑も見えますね~

さぁお城まであと一息!

山道を抜けると、車道が見えてきました。

またまたコンクリートの歩道になると、お、お城がー!!!

リヒテンシュタインのファドゥーツ城

このお城、13世紀に建てられたそう。

なんか中世にタイムトリップしたような気分になります~♪

ここはリヒテンシュタイン家、第13代公爵とその家族が実際に住んでいるので、

中は見学不可となっています。残念。

ちなみにリヒテンシュタイン家は、国土より大きな土地を国外に所有していることもあって、最も資産の多いヨーロッパの君主らしいです。すごい。。。

ファドゥーツ城入口

こちらが入口。

なんかおとぎ話に出てきそうなとてもかわいらしいお城ですよね♪

こんなお城に住めるなんて、うらやましいです~

ちなみに、丘をくだっている最中に一人、

顔がすごい整った男の方がお城の方向にランニングしていて

わたしたち二人とも

「も、もしかして、あれはプリンス?!」

と思って一瞬興奮してしまったのですが、

後々ググってみたら、全然ちがう人でした(笑)

ファドゥーツ城まで徒歩の場合は少ししんどいかもしれませんが、

行く価値はあります。景色も空気もきれいでかなりリフレッシュできました!

私たちはお目にかかることができませんでしたが、

運がよければ、ロイヤルファミリ一を一目みることができるかもしれません!(笑)

さて、丘を登って下ってへとへと( ^ω^)・・・

ということで次の場所へ~

 

 

ワイナリー(Hofkellerei des Fürsten von Liechtenstein)

さきほどの展望台から見えたブドウ畑へ。

リヒテンシュタインのワイナリー付近にあるブドウ畑
ここからもはっきり見える見える~お城が(笑)

このブドウ畑を歩いていると、

何かベルのような音がいろんなとこから聞こえてきました。。

「ブドウにベルでもつけてるのか?w」と思っていた私ですが、

このあとすぐその正体がわかりました。

犯人は、、、、

こやつでした♪

リヒテンシュタインのブドウ畑で見つけた羊

 

か、かわいい・・・

そんな目でわたしを見つめないでおくれ・・・

すると後方からもベルが鳴るわ鳴るわ・・・

「え、待って!」と後ろを振り返ると・・・

 

 

リヒテンシュタインのブドウ畑にたくさん居た羊たち

 

めっちゃおるw

ちびすけも居て、とても癒されました~。

大人のひつじたちがベルを着けていてその音を追うように

みんな一緒に移動していました。

ブドウ畑で羊を飼うってすごい良いアイデアだなと思ったんです。

だって、草刈る必要ないですもんね。

ひつじちゃんたちもモグモグ食べれて幸せそうでした!

 

 

さて、ブドウ畑を越えるとピンクの建物が見えてきます。

リヒテンシュタインのプリンスが経営しているワイナリー

 

こちらがリヒテンシュタインのプリンスが経営しているワイナリーです。

ワイン好きの方は絶対行ったほうがいいです。

リヒテンシュタインのワインは輸出されていないレアもの。

とても入手しづらいワインなのです!

そしてここのワイナリーではリヒテンシュタインのワインを頂けます。

こちら9人以下であれば、予約なしで入店できます

値段は一人9CHFで、赤2・白2の計4種類を試飲できますよ~

まず店内に入ると、店員さんが挨拶してくれますので、

試飲したい旨をお伝えください。(ドイツ語、英語どちらでもOK)

すると、席に案内してくれます☆

お店の中も雰囲気あっておしゃれ!

リヒテンシュタインにあるワイナリーの内観

 

私たちが英語を話しているのを聞いて、店員さんもすんなり英語で対応してくれました。

 

リヒテンシュタインにあるワイナリーでワイン試飲

5分もしないうちにこんなに素敵にセッティングしてくれました♪

 

試飲できたワインはこちらです↓

リヒテンシュタインのワイナリーで試飲できた赤ワイン2種類と白ワイン2種類

飲んだ感じ、一番気に入ったのが、赤のHerawingertです。(写真:左から2番目)

甘すぎず、スーッと飲める。

もっと飲みたかったな…(笑)

写真右の白ワインのブランコ(Blanc)もほんのり甘くて口当たりのいいワインでした。

いやーどれもおいしくて4本とも購入したいくらいでした。

正直、こんな寒い中でできるワインってどうなんだろう?と思っていましたが、

予想以上にとてもおいしかったので、お土産として一番気に入った

「Herawingert」を一本購入。価格は18CHFでした。

ワイナリーの中ではもちろんワインの販売もしているので、お土産として購入のみも可です。

またレストランも併設されていましたので、

お腹がすいているのであればレストランでいただくのも良いかと思います。

飲み終わったあとは荷物・お土産の品を持って、受付へ行くとそこで店員さんがお会計をしてくれます。

リヒテンシュタインでこんなおいしいワインを飲めると思っていなかったので

これは驚きの発見でした~☆

ワイン好きの方はぜひ訪ねてみてください!

 

おすすめのお土産

入国スタンプ

 

小国では陸路での入国が多いため、入国スタンプがもらえません。

そこで前述したリヒテンシュタインセンターで

自分のおみやげに入国スタンプを押してもらうのはいかがでしょうか?

値段:3CHF

 

ワイン

 

上記のワイナリー(Hofkellerei des Fürsten von Liechtenstein)で購入されるか、

あまりこだわりがない・ワイナリーに行く時間がない場合は

COOPスーパーでも種類は限られますが販売していました!

リヒテンシュタインのワインは輸出されていないので、

ワイン好きの方に最高のおみやげになること間違いなしです☆

 

ばら撒き土産

 

お菓子などのばら撒き土産を買いたい場合は、大手スーパー「COOP」に行くことをおすすめします。

リヒテンシュタイン産のものももちろん売っていますので、安く一気にお土産を購入したい方はCOOPへ行きましょう!

 

まとめ

 

リヒテンシュタインには空港や港もないため、陸路でしか国境を越えることができない珍しい国です。

ヨーロッパへ旅行に行く予定の方、近隣国在住の方。

まるでおとぎ話の世界に舞い降りたかのような可愛らしい街並み、建物がある小国「リヒテンシュタイン」へぜひみなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか☆

 

EU圏在住者へちょっとした豆知識

 

筆者、EU圏内ドイツ在住ですが、スイスではモバイルデータが使えなかったのですが、

スイスからリヒテンシュタインに入った瞬間にインターネット(モバイルデータ)が使えるようになりました!

これが本当に面白くてバスで橋を越えた瞬間に使えるようになったので、一応ここに記しておこうと思いました。

 

 

Miakat

ツイッターもやっています→(@MynameisMiakat

コロナでの短期滞在ビザ申請方法

一時帰国 国際結婚生活

2020/12/1

コロナ禍 | 短期滞在ビザ(親族訪問)の期間、申請書類、発行まで

コロナウイルス感染拡大に伴い、世界中のあらゆる国がロックダウンに。 本来であれば夫の出身国である英国(イギリス)はビザ免除国のため、 3か月以内での滞在であればビザなしで日本へ入国することができます。 ですが、今回は新型コロナウイルス感染症に対する水際対策のため、一部の国・地域を除いてビザ免除措置を当分の間停止している状態です。 ということなので、現在では日本国籍を持たない外国籍の方が日本へ入国するには必ず何らかのビザ(査証)が必要になります。 本記事では、コロナ禍でビザ無し入国ができない、日本人の配偶者 ...

ReadMore

羽田空港サーバー

ブログのこと

2020/11/29

はてなブログ→ワードプレスに無料移行 | 代行 羽田空港サーバー

2020年11月20日より、当ブログがはてなブログからワードプレス(WordPress)に移行しました。 移行後の今は、いろいろと修正するところもありますが、Wordpressは記事作成パーツがとても豊富に揃っていたり、リンクやカードの挿入などもはてなブログとは比べ物にならないくらい簡単にできてしまうので、移行できて満足しています。 ブログ初心者のわたしにとって移行作業は一人では不可能だと気付き(詳しくは下へ)、 無料で移行作業を代行してくださる羽田空港サーバーさんに依頼をしました。   そこで ...

ReadMore

ドイツ生活

2020/11/28

【冬季うつ対策】コロナ長期化で病んでいるあなたへ。人生初めてサプリメントを飲みはじめました。

コロナが終息せず、日本への帰国ができなかったり、旅行が思うようにできなかったり、などなど少し精神的にやれていたのでブログから距離を置いていました。

ReadMore

スイス旅行の記事

スイス チューリッヒ ベルン ヨーロッパ

2020/11/28

スイス旅行の参考に | 航空券・宿泊先・観光・お土産 総まとめ

  スイスといえば世界一物価の高い国でも有名ですよね。 アルプス山脈をはじめ、自然に囲まれており、同時に歴史的な名所も数多くあるため海外旅行に人気な国の一つでもあります。 航空券や宿泊先、おすすめ観光スポットなどを一気にまとめたこの記事を読めば、スイス旅行への計画が立てやすくなり、有意義な休暇を楽しめます。 本記事は、スイス旅行をお考えのこんな方におすすめです。 こんな方におすすめ 航空券や宿泊費の費用はどのくらいかかるか知りたい 観光地がたくさんあるけど、どこをどう周ったらいいかわからない 都 ...

ReadMore

ドイツ生活 料理

2020/11/27

【レシピ】まぜて炒めてオーブンで焼くだけ!イギリス夫が絶賛した簡単に作れる絶品コテージパイをご紹介!

イギリス伝統料理「シェパーズパイ」を作ってみようと思ったのですが、具材の関係で「コテージパイ」に変更! ホームパーティーや家族との夕食にぴったり! イギリス料理「コテージパイ」をお家で簡単につくってみませんか?

ReadMore

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Miakat

イギリス人と国際結婚のち、北ドイツへ移住してもうすぐ3年目。ドイツ語:ゲーテB2試験合格、現在C1を少しずつ勉強中だが、ペラペラになるまでには程遠いレベル。 ドイツでの生活や旅行について書いていきます。

-ヨーロッパ, リヒテンシュタイン

© 2020 ドイツに行ったのはどいつだ? Powered by AFFINGER5