ドイツに行ったのはどいつだ?

イギリス人と国際結婚。そしてドイツ、ブレーメンへ移住。ドイツでの生活について書いていきます。

【ドイツ語】『ゲーテB2試験』に合格!最新モジュール式試験って?合格するには?解くコツは?教えます

今日のテーマは

 

『ゲーテB2試験に受かるまで』です。

 

先月末にゲーテB2レベルの試験を受験し、

今月やっと結果が出ました、、、、

 

合格』!

 

すばらしい!自分!よくやった!笑

 

 

本当によかった。。。

はぁー受かるまで苦労したんです。。

勉強は嫌いではないんですけど、

私『試験やテスト』というものが大嫌いなのです。

 試験日になると、お腹がピーピーになりませんか?

私だけ?

 

 

 

 

私が受けたゲーテB2試験(Goethe-Zertifikat B2)とは?

 B2試験で求められるスキルとは?

 

そもそもゲーテB2試験ってどのくらいのレベルを求められるのかというと、

 

    • ・具体的、あるいは抽象的なテーマに関する複雑な文の主な内容を理解し、自分の専門領域では専門的な議論も理解することができます
    • ・自然に、滑らかに意思を伝え、ドイツ語を母語とする人と、互いにとくに苦労することなく普通に会話することができます
    • ・幅広いテーマについて、明確で詳細に意見を述べ、時事的な問題への見解を表明し、様々な可能性の長所、短所を挙げることができます

     引用:Goethe-Zertifikat B2

 とのこと。

 

 

<最新>旧B2試験から新モジュール式試験へ

 

2019年より8月より新しく別モジュール試験に変わりました。

旧B2試験とは形式も一新され、合格ラインの基準も変更となりました。

 

旧方式では、全体の点数を平均して60%以上取れれば合格となりましたが、

新モジュール別試験は、4項目(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)それぞれ60点を取らねば合格とみなされません。

 

実は、私がゲーテを受験したのは2回目。

1回目は2モジュールが60%にわずか足らず、

その2モジュールのみ再受験しなければなりませんでした。

その一月後、2回目を受験し全モジュール合格にいたりました!

 

新モジュールの試験内容とは?

 

ライティング(65分)

インターネット上の議論、新聞・雑誌の記事、

コメント、規定などの文章を読み、主なテーマと要点、

見解、意見、ルールを理解する。

 引用:Goethe-Zertifikat B2

 

 

リスニング(40分)

日常的、もしくはラジオから流れてくるインタビュー、

講演、会話、意見を聞き、主なテーマと要点を理解する。

引用:Goethe-Zertifikat B2

 

ライティング(75分)

 

インターネット上の議論を想定して、

時事的・社会的テーマについての意見・その理由を文章にする。

また、仕事の場面での公的なメッセージを書く。

引用:Goethe-Zertifikat B2

 

スピーキング(15分)

 

与えられたテーマに沿って短いスピーチを行い、

それについて相手と会話をする。

また、ディスカッション形式で意見を交換する。

引用:Goethe-Zertifikat B2

 

 

各モジュールを実際に受けてみて。解くときのコツは?

 

リーディング(65分)

リーディングは時間との勝負です。

 

大問1:18分以内

大問2:12分以内

大問3:12分以内

大問4:12分以内

大問5:6分以内

確認するのに5分

 で計65分で解ききるのが理想とされます。

 

私は大問2の文の穴埋め選択がとても苦手で、

練習問題をやってもすべて解くのに12分以上かかってしまいました。

なので、そこは割り切ってあまり深く考えこまず、

時間内にわからなければ、適当にマークをし、

次の問題へ移りました。

 

リーディングの問題はよく読めば誰でも理解できると思いますが、

試験では速読を求められます。

練習問題を解く際にはかならず、時間を計って行いましょう。

 

リスニング(40分)

 

リスニングではすべて問題を聞いたあと5分の時間が設けられ

その間に、問題用紙に書いた解答を解答用紙に書き写すことができます。

なので、リスニング中は解答用紙のことは忘れてしまってください。

 

機械の人が大問の説明を読んでいる間、そして例文を言っている間勝負です。

その時間を無駄にしてはいけません。一文でも多く設問や選択肢に目を通しましょう!

 

あとは練習をして耳を慣らすことが必要です。

ドイツ語で映画を観るなり、Youtubeを観るなり、ポットキャストを聞くなり

方法はお任せします。

とにかく常にドイツ語を耳で聞く習慣をつけることが大切です。

 

ライティング(75分)

 

ライティングは書き方を覚えちゃえば、そんな難しいことではありません。

私は対策本にある問題を書き、ネイティブに添削してもらったものを

何度も書いたり、読み上げしたりして丸暗記しました。

 

実際に試験でも同じようなテーマが出題されていたので、

そっくりそのままとはいいませんが、覚えていた文を使うことによって

結果8割以上の点が取れていました。

 

スピーキング(15分)

 

スピーキングのテストでは試験当日、

筆記試験の休憩中などに各ペアが発表され、

試験でそのペアの相手とディスカッションを行うことになります。

 

このペアがだれになるか事前に予測できないことがこの口頭試験の怖いところです。

 

そこで皆さんに強くおすすめしたいのが、

 

ペアがわかったら筆記試験の合間の休憩中やお昼休憩の際に

そのペアに積極的に話しかけることです。

 

口頭試験前に少しでも相手がどのように話すのか(発音やアクセント)、

そしてその人はどんな人なのか、

(学生なのか、仕事をしているのか、どのくらいドイツに住んでいるのかなど)を

聞いておくと、試験本番あまり緊張せずスムーズにいく可能性が高いと思います。

 

ちなみに、試験前に別室で15分準備時間が設けられますが、

その際はペアの相手と一切話すことができません。

もし事前に相手と話せなければ、試験が始まって初めて話すことになります。

 

それはできれば避けたいですよね、、、、

 

話しかける勇気が必要かもしれませんが、

他の受講生さんも少なからず緊張されていると思うので、

話しかけられたらうれしいと思いますよ!

勇気を出して、ぜひ話しかけてみてください☆

 

 私がB2試験に合格するまで

 

1回目の挑戦

初めて受けたのが2か月前の9月でした。

超緊張しいの私は前夜もろくに寝れず、朝からお腹を下しっぱなし。。。笑

 

リーディングとリスニング、ライティングには自信がありました。

スピーキングは途中で詰まってしまって、自分が思っていた通りに

伝えることができず、悔しい思いでいっぱいでした。

 

そして結果が送られてきました。

 

リーディング・リスニング  ・・・ 不合格

ライティング・スピーキング ・・・ 合格!

 

ま、まさかリーディングとリスニングが不合格…

特にリスニングはあと1問正解していれば合格でした。。。とほほ

 

あんなに落ち込んでいたスピーキングがまさかの合格!

これはおったまげでした笑

 

ここまできたら、もうやりきるしかない!という思いで、

結果がわかってすぐ次回の試験日に再受験の申し込みをしました。

 

なぜなら、今やらなければ一生やらないと思ったからです←

まだモチベーションがあるうちにとりあえず、申し込まなきゃ!と。

 

ゲーテでいいところは、不合格だったモジュールだけを部分的に再受験できること!

これがなければ、またすべてのモジュール対策をしなければならなかったので

そこは救われました。

 

2回目の挑戦

 

1回目の試験からちょうど一か月後、2度目の試験会場にやってきました。

 

私は部分受験だったので、9時にスタートし、お昼前には終わって帰宅。

 

一か月毎日勉強を怠らなかったのに、なぜか手応えをあまり感じない…

なんか、問題が前回より難しくなってねぇか!このやろー!

と半べそかきながらおうちへ。。。笑

 

まぁやるべきことはやりきったから、あとは結果を待つべし!

 

そして、ついに先週結果がオンラインで発表されました!!

 

リーディング・リスニング ・・・ 合格

 

ひゃっほーい!

合格してた。。。うれしい。。。

 

 

というわけで無事にB2試験に合格できました。

 

いやぁーもうしばらくは試験いいわ。。。笑

 

 Miakat

 

 

miakat.hatenablog.com

 

 

miakat.hatenablog.com

 

 

 

www.miakatblog.com