ドイツに行ったのはどいつだ?

イギリス人と国際結婚。そしてドイツ、ブレーメンへ移住。ドイツでの生活について書いていきます。

【必見】ここは絶対行くべし!北ドイツ・ブレーメンのおすすめ観光スポット7選!

今回のテーマは、

 

「厳選!ブレーメンに行くなら絶対訪れるべき観光スポット」です。

 

ハンブルグハノーバーから電車を使って約1時間程度で移動できることから、

週末を使ってブレーメンにプチ旅行される方がたくさんいらっしゃいます。

 

そこで今日は日帰りでもまわれる、

私がおすすめする観光スポットをご紹介したいと思います!

 

<日帰り旅行コース>わたしがおすすめする観光スポット7選!

基本的にブレーメンの見どころは、旧市街のマルクト広場周辺にありますので、

以下ご紹介するスポットはすべて徒歩でまわれます☆

 

それでは見ていきましょう!

世界遺産の市庁舎とローランド像

ということで、まずはマルクト広場のここからスタート!

 

 

この広場に一際目立つ建造物、さっそく発見!

 

f:id:miakat:20191113050655j:plain

そう、これが『市庁舎(Bremer Rathaus)』。

1405年から5年かけて建てられたとても歴史のある市庁舎なのです。

なかなか珍しい様式…!

これはゴシック様式とこの地方独特のヴェーザールネッサンス様式が調和された、ドイツでも珍しい重要な建築物のひとつと言われています。

 

いつ見ても美しい。。。。

 

そしてそして、その市庁舎の前に大きい男の人が立っています。

その名も「ローランド」!

 

f:id:miakat:20191113053109j:plain

こちらのローランド像(Bremer Roland)、

当初は木造でしたが、市庁舎と同年1404年に再建されました。

全長5.5メートル。

中世に建てられた像の中では、ドイツ最大の自立式彫像らしいです。

ローランドさん、現地に行かれれば分かりますが、

大聖堂の方向を見て立っているんです。

なぜでしょう。。。

 

そうローランドさんは、ブレーメンを、そして市民を守っているのです。

 

『この像が見守り続けるかぎり、ブレーメンの自由と独立は守られる』

 

そう言い伝えられてきました。

 

かっこええ、ローランドさん…これからもブレーメンを守り続けてください!

 

 

ブレーメンの音楽隊像

続いて、

 

ブレーメンといったらやはり

ブレーメンの音楽隊』(Die Bremer Stadtmusikanten)ですよね!

 

その音楽隊の像は、市庁舎の横にひっそりと立っていますよ~

 

f:id:miakat:20191113055043j:plain

 

ん?

 

ロバの所々が金色にはげています。

 

どうしてでしょう?

実はロバの足を触りながらお願いごとをすると叶うという言い伝えが♪

なのでいつもこの像のまわりにはたくさんの観光客が集まり、

みんな足をなでなでして、記念撮影をしています。 

 

だからあんなに金色に輝いているのですね~

 

ちなみに暗くなってから行くと、これまた雰囲気ががらりと変わります!

 

じゃーん!

f:id:miakat:20191111231755j:plain

 

絶妙な角度でライトがあたり、が現れます!

なんかこのスポットライトに当たってる感じがカッコいい。。。

夜行く機会があればぜひ見にいってみてください☆

 

聖ペトリ大聖堂

あの『ローランド像』が見つめている教会。

 

それが、こちら『聖ペトリ大聖堂(St. Petri Dom Bremen)』↓

f:id:miakat:20191113060209j:plain

 

こちらも迫力あります。

この大聖堂、最初に建てられたのは10世紀らしいです。すごい。。

 

第二次世界大戦で建物の3割は崩壊してしまいましたが、

度重なる改修により、今日の姿となりました。

 

こちらが中の様子。

f:id:miakat:20191113061514j:plain

内部も広く、とても素敵です。

入場料もかからないので、一般開放されていれば気軽に見学可能です。

 

f:id:miakat:20191113061734j:plain

赤い天井に目がいきます。

 

この日はたまたま歌の練習が行われていて、

とても心清まる歌声に癒されながら教会を後にしました。

 

 

シュノア地区

 

マルクト広場からすこーし離れたところにあるエリア、

シュノア地区(Schnoor)。

 

ここがまたとってもメルヘンでかわいいんです♪

 

f:id:miakat:20191113062434j:plain

 

カラフルで小さくてかわいい建物がずらーと並んでいます!

 

この地区は戦争での災害を幸い免れたようで、

ブレーメンの最古の住宅街とされています。

 

ここには人一人がやっと通れるくらいのせまい路地がいくつか存在します。

「え、こんなところ通れるの?」って思われてもご心配せず♪

そこを通れば、思いがけない場所につながるかも?

 

もともと職人街だったこともあって、手工芸品を扱うお店がたくさんあります。

陶器類やアクセサリー、ギャラリーなどもあり歩いているだけで楽しめます!

少し疲れた際には、小さくてかわいいカフェがいくつかありますので

そこで一息するのもいいと思います☆

 

お土産やさんもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

べトヒャー通り

さ、続きまして、ブレーメンで一番人気の通り『べトヒャー通り』(Böttcherstraße)

わたしはここを『ハリーポッターストリート』と呼んでいます。笑

 

見てくださいこのレンガ造り!

f:id:miakat:20191113180207j:plain

 

ほんの100メートル前後の通りですが、入った瞬間

中世にタイムスリップしたかのような気分になります。

 

私レンガ造りに弱いタイプで、もう見た瞬間「胸がキュンキュン」でした笑

 

この通りは中世の街並みを再現しようと20世紀に商人によって建てられました。

 

この通りにはおしゃれなレストランやお店があります。

 

また、この通りには、仕掛け時計のグロッケンシュピールがあります。

 

12時から18時の毎時に屋根と屋根の間にある30個の鐘が鳴ります。

その音に合わせて時計横の壁がくるくると回り、

大航海時代の板絵が見られる仕掛けになっています。

 

その仕掛け時計がこちらです↓

f:id:miakat:20191113181410j:plain

 タイミングをあわせてべトヒャー通りに来ることをおすすめします☆

 

ちなみにこの建物の1階にはツーリストインフォメーションがあります。

そこで、おすすめの観光スポットが載っているブレーメンの地図がもらえます。

また、ブレーメングッズも販売しているので、ちょっとしたお土産を買うこともできますよ。

 

ヴェーザー川沿いの遊歩道 シュラハテ

 

最後に、私がおすすめするスポットはヴェーザー川にある遊歩道

 

『シュラハテ(Schlachte)』です。

f:id:miakat:20191113183302j:plain

 

この川沿いには多数のレストランが軒を並べ、

夏場にはビアガーデンのテントがたち並びます。

 

泊められている船の中には、船に泊まれるホテルがあったり、


下の写真のように、船のレストランもあります。

ちなみにここは、パンケーキ屋さんです!

何十種類ものパンケーキがあり、

お値段もリーズナブルでおいしく頂けるのでおすすめです。

 

f:id:miakat:20191113183838j:plain

 

 

橋をこえたところには、ヴェーザー川の観光船も出ていますよ。

 

そのまま上流を30分ほど歩くと、ヴェーダブレーメンのスタジアムにも

行けますので、天気がいい日にはそちらのほうまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

 

おまけ:<アレが至る所に?!>街中を歩きながら隠れ〇〇を見つけよう!

ブレーメンといえば、「ブレーメンの音楽隊」。

 

そう、ブレーメン市内にはその『音楽隊』があらゆるところに!

 

例えば、コチラ↓

 

f:id:miakat:20191113184926j:plain

 

これはブレーメン内を走る、路面電車の座席で発見しました。

 

なんだかあのネズミランドで〇ッキーを探している気分になります笑

 

音楽隊はマルクト広場のこんなところにも!↓

f:id:miakat:20191113185155j:plain

 


そしてカラフルな音楽隊の像も広場の近くにあります↓

 

f:id:miakat:20191113185348j:plain

 

先ほどご紹介したシュノア地区にも!↓

 

f:id:miakat:20191113185446j:plain

 

このほかにもたくさんいろんなところで音楽隊を見つけることができますよ♪

 

ぜひ、ブレーメンに足を運ばれた際には、

音楽隊も見つけてみてくださいね~!!

 

最後に

コンパクトに観光スポットが集まっているブレーメン

今回はすべて徒歩でまわれるスポットをご紹介しました。

 

あの音楽隊をも夢見たブレーメンにぜひ訪れてみてください。

 

 

Miakat